男女で分かれる結婚指輪に対しての思いや購入時のポイント

SITEMAP

wedding ring

結婚指輪の昔と今

ペアの指輪

本人はもちろんのこと、周囲から見ても結婚したことを実感するのは、左手の薬指に結婚指輪をつけている姿を見ることではないでしょうか。そもそも結婚指輪をつける習慣はいつ頃から始まったのでしょう。結婚指輪の歴史自体は古く、古代ギリシャやローマ時代と言われています。左手の薬指にはめる理由は、左手の薬指が心臓と繋がっていると信じられていたからとか、西洋の慣習で愛情を示す指とされているからなど諸説ありますが、日本に広がったのは戦後で、結婚指輪の日本での歴史は意外とまだ短いのです。
そうは言っても現代の日本での結婚指輪の習慣はしっかり根付いており、ほとんどのご夫婦が結婚指輪を購入されます。婚約指輪の方は経済的な問題や価値観の変化により省略され気味ではありますが、結婚指輪はいまだに根強い人気があり習慣として確立されています。また、近年は婚約指輪を省略する代わりに結婚指輪を従来のものよりデザイン的に華やかにする傾向も見られます。
その代表的なものがエタニティリング。もともとは結婚記念日などに夫から贈られる、リング全体が同じ太さで同カットのダイヤモンドが並んでいるデザインのものですが、婚約指輪と結婚指輪を兼ねて妻側の指輪のみこのエタニティリングを結婚指輪として購入されるご夫婦も増えています。時代と共に結婚指輪のデザインも変わって来ていますが、女性にとって憧れの指輪であることは昔も今も変わらないことでしょう。

注目の記事

記事リスト

TOP