男女で分かれる結婚指輪に対しての思いや購入時のポイント

SITEMAP

wedding ring

結婚指輪の購入のポイント

結婚が決まったら二人で選ぶ結婚指輪は夫婦としての証になるものの代表的な物です。結婚後は体の一部として長きにつけていくものなので、素材や好みのブランド等は二人で事前に話し合い、こだわりを持ち後悔しないように選びたいものです。婚約指輪は新郎から新婦へプレゼントしますが、結婚指輪はお互い共通する物なので費用の負担の話し合いと同時に現実的な予算の取り決めも重要です。
福岡のお店に行くと素敵な結婚指輪ばかりで目移りするのである程度の価格を想定しておくとスムーズにいきます。素材やデザインにより価格も様々ですが毎日の生活で傷つきにくい耐久性を重視する事がポイントです。また、金属アレルギーが起こりにくい素材はプラチナで金属アレルギーが気になる方にはお勧めで、福岡のジュエリーショップにもたくさん取り扱いがあります。プラチナは硬度が高く傷や変形にも強く仕事や家事等の普段づかいしていても傷が付きにくい事も特徴です。また、プラチナとゴールド等の複数の素材の組み合わせのデザインだと指輪のサイズ直しが出来ない福岡の店舗もあるので注意が必要です。
女性は結婚後、出産の時期を迎えた時、妊娠中は指が浮腫み指に食い込み、最悪の場合は切断しなければならなくなる恐れもあるので、妊娠中期以降は速めに指から外し、ネックレスのチェーン等にくぐらせて身に付けると指と同じ感覚で気持も落ち着きます。夫婦末永く、お互いの愛情が続きます様にとの願いも込められた一生の宝物です。

なぜ結婚指輪をするのか?

結婚指輪はなぜできたかご存知ですか?昔、戦争が絶えない時代に結婚したふたりが、戦地にいってしまう旦那様と永遠の別れになってしまうかもしれないため、女性の心の支えとしてつけ始めたといわれています。
ロマンチックでとても素敵な話だと思います。当時は、それぐらいしか、結びつけるものがなかったのかもしれませんね。さて、現在の日本男性の七割は結婚指輪が必要だと考えています。意外とみなさん必要だと思っているんです。一般的に婚約指輪よりも、価格が抑えられているので購入もしやすいですよね。福岡で購入した結婚指輪を身に着けていると、他の人に自分は結婚しているとアピールすることができますよね。
それは、同時に私のものだよ!と束縛をしているもののようにも思えます。ふたりの絆の一つの証が福岡で購入する結婚指輪ではないでしょうか。昔のように、戦地にいくこともなければ永遠の別れなどもありませんが、愛の証として身に着けることでお互いに一人ではないんだよ!と感じれるものではないでしょうか。
それに旦那様の浮気予防のためにもぜひ、結婚指輪を身に着けてほしいものです。初めて、結婚指輪を指にはめた福岡で行った挙式で、とても幸せな気持ちになったことを今でも鮮明に覚えています。それぐらい、結婚指輪は特別なものだと私は思います。

結婚指輪でわかる男女の価値観の違い

プロポーズの時に相手から何かを差し出され、結婚してくださいの言葉と一緒にあなたの前にあるものといえば、そう結婚指輪ですよね。マリッジリングともいいます。福岡の教会で神父さんの前に立ち愛を誓い合い、左の薬指にお互いに指輪をはめ合い愛を記す、左の薬指にはめるのは心までに1番近い場所、心臓に近いからといいます。
愛が心も掴むように指輪でそれをお互いに誓い確認し合うのでしょう。幸せいっぱい、周りのみんなにも結婚していることを知らせる意味にもなります。福岡で購入できる指輪の中には2人の名前が刻印してあり、記念日やメッセージまでいれる事も福岡の店舗ではできます。女性なら憧れの指輪にプロポーズをいつも夢みています。
その夢が叶うと毎日幸せいっぱいでしょう。結婚指輪は結婚したら必ずつけるものだと思っていますし、生活の中で指輪を外すことはきっと余程のことがない限り中々無いのです。指輪が体の一部となります。
男性はというと結婚指輪にあまり大切さを感じすぎてはいないので外してしまう理由が分かりやすいです。仕事によっては結婚指輪をできなかったりしますし。機械系だと邪魔になります、傷つくとせっかくの記念の指輪がもったいない、外して無くしたら困るなどの理由ではめない方もいます。女性とは少し価値観が違うのかもしれません。

注目の記事

記事リスト

TOP